2017年7月13日木曜日

豊丘村議会議員 吉川明博 活動報告 2期目 No.9 通算25号 H29,4月~6月


豊丘村議会議員 吉川明博 活 動 報 告
2期目 No.9 通算25号 H29,4月~6月 

「サロンおいでなんしょ小園」
開催のお知らせ
お茶飲み会です、どなたでもご参加いただけます。
参加費無料
毎週 月曜日(4週目はサロンともの 伴野区民会館)
午前9:3011:30
(2週目は軽昼食があります 初めての方は連絡ください)
於:長野県下伊那郡豊丘村大字神稲
小園研修センター
連絡先:090-3440-0212/0265-35-5823 吉川明博
-------------------------------------------------------------
お読み頂きましてありがとうございます。
多くの方々から「楽しみにして読んでいるよ。」「字が多くて小さい、でもまぁ、しょうねぇか、あの内容ではなぁ。」「行間を広くすると読みやすいよ。」などご意見と励ましを頂まして、続けることができています。
 おかげさまで2期目の議員活動を始めさせていただき、もう2年になります。
豊丘村議会の慣例で4年の任期中の折り返しの2年目の始まりで所属委員会の変更があります。希望を伝えることはできますが、議長の指名により決まります。

新しい私の所属は総務産建副委員長、広報公聴特別委員会長、予算決済委員、リニア特別委員会副委員長(議会内)、リニア対策委員(村設置)です。

この報告は伴野区全世帯約400部と他近隣に50部を電動スクーターに乗り配布させていただき、多くの皆様と玄関先やあぜ道の立ち話で、直接村政と議会の話をさせていただいています。
活動報告を発行することで、自身の発言と行動が確認でき、次の議会の問題意識とテーマができて、良いことばかりです。

 これからも豊丘村の一員として、子育て支援、高齢者福祉、ボランティア活動の啓蒙、直売所「道の駅 南信州とよおかマルシェ」(仮称)、リニア対策を中心に活動して行きますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
今回も一般質問は二日にわたり12名が質問に立ち、私は初日614日の一番です。この順番は各定例会の初日の午前830分から翌日の午後4時までに「一般質問通告書」を議長に提出した順番で決まります。私は初日の1番に拘っています。
理由は、各議員の質問の内容は通告書がまとめられないと分かりません。その内容が他の議員と重なった場合で、順番が後になり、最悪全ての質問事項が重なった場合、村からの答弁は「○○議員に申しましたように・・・」となってしまいます。
準備した質問の内容をその場で変えて質問するなどの能力は私にはありませんし、そんなに甘いものではないと考えるからです。初日の一番にしないとまったく意味のないものになります。
一期目の初回平成236月定例会の時から25回の一般質問がありましたが、健康にも恵まれ一度も休むことなく行うことが出来ました。一般質問を議員活動の四半期ごとの括りとして、有権者の期待に応えるべく精進します。

今回は「一般質問 話したまま」はページ数の都合で割愛させていただきます。
< 豊丘村議会 平成29年 第2回月定例会 >
吉 川 明 博  一 般 質 問 概 要 6/14
Q.「道の駅 南信州とよおかマルシェ」(仮称)の進捗状況は如何に
  A.盆頃までに建物の本体工事に
問 道の駅 南信州とよおかマルシェ」(仮称)の3月以降の準備委員会・発起人会の進展、出荷生産者募集と管理方法について進捗状況と今後の予定の説明を
産業建設課長 建物本体基礎部分の地盤改良等をほぼ終了し基礎工事に入ってお盆頃までに完成させ、建物の本体工事に入る予定。来年の2月下旬には建物が完成4月下旬のオープンを目指す。
運営する新法人「㈱豊な丘」(設立予定)は全国初「小さな拠点税制」の国の認定を受けた。今年の10月秋頃発起設立で法人設立し、その後出資に関わる説明会を開催し村民の出資を募る。現在は法人発起設立に司法書士と、定款・出資金の募集方法等について、「小さな拠点税制」認定に添った協議をしている。
出荷生産者の募集説明会を6月202223日に行う。野菜の栽培講習会、種苗会社による苗作りの講習会等も早急に計画します。

問 村は「㈱ 豊な丘」の株式の51%以上を保有するとこれまで言ってきているが、変わりは無いか
産業建設課長 変わりない。

問 総務省自治財局長は各都道府県知事・各指定都市長に「第三セクターに関する指針の改定について」との通知を出し、「本通知の趣旨は、貴都道府県内の市町村にも連絡の上、その徹底を図られるようお願いします。」とあるが、承知しこれに沿って行うか。
村長 指針に沿って全国初の「小さな拠点税制」の国認可において内閣府から豊丘村の設立することを非常に期待されておる中で粛々と設立する
問 51%以上を保有すると議決権の過半数を手に入れることになり株主総会での効果として、利益の処分のような普通決議事項や、取締役の選任のような特殊普通決議事項を単独で可決や否決ができるようになる。前記の総務省の通知に「地方公共団体の出資は、一般的には必要最小限とすることが適当である。」また、「時限を設け、一定の条件の下で、民営化することの可能性についてあらかじめ検討しておくべきである。」また「第三セクターへの出資については、事業の分類や性格、純民間企業における類似事業の実施状況等も勘案しながら、公民の役割分担の考え方を踏まえ、検討を行うこと。」とある。いつまでも会社を村の支配下に置くことはやめ将来完全民営化する考えはあるか。
村長 この通知は総務省のいわゆる総花的(関係者全部にまんべんなく恩恵を与えること)な中ではこういう形が望ましいとしている。まずは今、道の駅がやらなくてはならないことは、来年の4月の開店に向けて準備をしっかりしながらスタートダッシュを決められるかということが非常に大事だ。
やはりその中で、新しい会社がいわゆる良い状況のポジションにたどり着ける、それだけの運営、それから経営、販売が成功する中で、どういう形の将来像を描くかということは、それをしながら考えていくべきことでありまして、最初にこれをとこういうふうにまだ何にも間が何にも動いていないのにもっと先をこういうふうに決めて、だから動き方はやっぱりもっとしなやかにケースバイケース、時代に合わせてイノベーションをかけながらきっちりとその状況をつかみながら変えていくことが大事でありまして、これは公式のようなものじゃなくて、やはり生き物の組織ですから、それにつきましてはそういう総務省の考え方というのは、それはそれでわかるわけですけれども、それはそういうわけでこれから本当に成功するために何ができるか、何ができたか、その結果、どうであったかということをしっかりと分析する中で、その将来像というものを決めていくべきだと思っておりますので、このことについて否定するわけではありませんけれども、そういうつもりでおりますのでよろしくお願いしたいと思います。
何でもかんでも政府が言ったことが良いんじゃないということは、議員の皆さんもよくわかっておられると思いますので、ぜひともそういうことでお願いしたいと思います。
意見 このスタートの時、出資者が集まる時にはっきりしておかなければならない、村が「㈱ 豊な丘」の株式の51%以上を保有することは健全な経営ではないと思う。一般企業では例えば従業員に持ち株会を作っていただいて、株式の安定化を図る。社員が持つことによって公平性、監視力が生まれてくる。一般の株主も総会で発言権がある。そういうバランスを保っていくために、行く行くはこの株式会社は51%の株式を全額村から買い取る。村に金を返していく、株を買い取って完全民営化をすべきだ。そういう宣言をしてから、この事業はすべきだと私は思います。確かにやってみなきゃわかりません、商売は。実際にこれから商売としてやっていくについては、そういう姿勢、基本的な姿勢、完全民営化を宣言してやっていくべきだと重ねて申し上げておきます。これについては、今後も考えをお聞きしながら、意見交換をしていきたい。
A.発生土置の取り下げを文書でしたか   Q.文書で通達しない
問 議会3月定例会以降のリニア中央新幹線事業の動きと、関連する道路拡張工事、変電所・送電線工事などの動きの説明を
総務課長 JR東海が現在発注している工区は、正式名称「中央新幹線伊那山地トンネルトンネル新設工事坂島工区」です。
これについて、「事前(準備)の工事」説明会を行った。3月2931日、4月12日対象地区は佐原・田村地区民、4月12日は村民全員を対象。
坂島工区の請け負は清水建設()・大日本土木()・青木あすなろ建設()大手ゼネコンのJV【共同企業体(きょうどうきぎょうたい、英語:joint venture、略語:JV)とは、複数の異なる企業等が共同で事業を行う組織のこと。 主として土木建築業界において、一つの工事を施工する際に複数の企業が共同で工事を受注し施工するための組織のことを指す。 民法上の組合に該当するとされる。】この工事事務所の地元大柏住民現地見学会が5月11日実施をされた。
中部電力は送電線工事の概要説明会等が4月20日伴野地区の地権者に。上佐原に建設予定の変電所の概要説明会等も行われ、変電所工事に伴う工事用の車両の希望ルートも提示され、関係住民への説明をした、4月26日佐原地区、5月16日田村区、5月25日長沢自治会、5月31日河野区役員。
大柏の柏原のJR東海の変電所建設計画についてはまだ説明はまだ動きはない。
問 リニア対策委員会でのJR東海旅客鉄道と中部電力の説明内容と審議状況の説明を
総務課長 5月10日第7回村のリニア対策委員会を開催した。今年度の村のリニア対策委員会に35名委嘱をして、新委員会の会長選任を行った。会議は前述の坂島工区について、本山の発生土処分候補地(5月18日取下げ)について質疑応答がなされた。
中部電力はリニア工事用電源の供給するための配電線工事を林道大島虻川線沿い戸中まで、5月下旬から電柱の建設計画の概要案を説明した。上佐原に計画している変電所の造成計画の概略説明。上佐原の変電所から豊丘の大柏のJR変電所に、及び大鹿村へ向う鉄塔を建てる高圧線工事計画の説明。
JR発注の坂島工区の工事車両の運行に伴う道路改良工事、既存の村道の幅員が非常に狭いために、待避所工事を中心に落石防止工など約百カ所の計画説明等もなされ、この確認書については、最終的には村とJR東海で締結するがその前段で関係地元の意見等も十分にお聞きし確認をしていく、5月10日のリニア対策委員会では確認書原案の提示をし、各地区へ持ち帰って意見・要望等を聞くこととした。
次の第8回の村のリニア対策委員会は5月26日に開催し、5月10日に示しした確認書原案についての各地区での地区、委員の意見、質問を受け、確認書に修正等を加え大筋原案どおり確認した。確認書は、5月31日に村とJR東海で締結をした。
トンネルの本体工事にかかるものではなく、あくまで、先行の準備工事としての道路改良工事についての確認書だ。
問 本山生産森林組合が発生土置き場について取下げをしたが、県とJR東海旅客鉄道に文書で通知したか
総務課長 本山生産森林組合として、JR東海に日付で518日に発生土処分候補地の土地使用の同意を撤回すると連絡をしたと村は聞きている。村としては県及びJR東海に、土地使用同意の撤回について文書で通達することはしておりませんし、今後も通知することは考えていない。
要請 役場、役所、行政においては、口頭での言い交わしを確認するためにほとんどのものが文書になって通達がされる。何故このようなことを言うかといいますと、当初豊丘村の中では発生土置き場2カ所を県に報告をし、県はJR東海に対して通知がされたというふうに聞いておりますが、その後調査をすると県への報告が文書で行われていなかったのではないかと思われる節があります。あったことはあったようにきちっと文書にして連絡をしていかないと、確認ができない。一般の民間の中でも何か申し合わせをすればできるだけ文書にして、その後言った、言わないがない、又は同じように理解ができるために文書を作るということがほぼ通例化していると私は考えている。この件、これからも作るつもりはないということでだが、これは作るべきであって、それを村民に関係する人たちにこういう通知を送ったよということを告知するのが村の役目だと私は思いますので、再度検討をして通知を出すことを要請します。
問 リニア中央新幹線 本体工事 坂島工区のJR東海旅客鉄道が5/17に村に提出した「中央新幹線伊那山地トンネル新設(坂島工区)工事における環境保全について」の9ページ「2-5発生土置き場の位置」については、本山生産森林組合が置き場について取り下げをしたが、JR東海旅客鉄道に位置図の修正及び削除を求めたか。
総務課長 JR東海の出した環境保全書の地図上では発生土置き場(本山)と書いてある部分について村としてこの文字、文言の削除については現在のところ削除を求める考えはない。

要請 先述のように、5月18日に取り下げをしたところの図面が6月9日時点で公式的な文書「工事だより」にまだ載っている。これはやってはいけないこと、村は事前に告知があった場合は、必ずチェックをして、落ち度なく修正なりを求めるということを強く要請する。以上


水道水の「カルキ」と「塩素」の違いが分かりますか?

カルキって水道水の臭いの元でしょ、塩素のことじゃないの?
カルキって蛇口について固まるやつじゃないの?

観葉植物の葉っぱが真っ白になった、浄水器でカルキが取れてないのでは?

浄水器で蛇口の白残りが消えると思っていたがまったく変わらない。
浄水器でカルキが抜けているはずなのになぜ???

白残りは水垢と呼ばれるもので、その正体は、水道水の中のカルシウム、マグネシウム、鉄分シリカなどの天然由来のミネラル成分が固まったもの。

カルキではありません、もちろん塩素が固まったものでもありません。

これらは、身体に必要なミネラルなので浄水器では除去しません。

では、カルキとは一体なんなのでしょうか。

カルキは正確には次亜塩素酸カルシウムのことで、消石灰(水酸化カルシウム)に塩素を吸収させて製造します。

ドイツ語でクロールカルキ、略してカルキ、別名「さらし粉」。
水に溶けると塩素が発生するので、主にプールの消毒に使われています。

水道法では『水の消毒は塩素によることを基本とする』と定められており、その中でも、国が水道水で使用を認めているのは、
・次亜塩素酸ナトリウム  ・次亜塩素酸カルシウム  ・液化塩素の3つです。

以前は、固体の次亜塩素酸カルシウムいわゆるカルキが水道水の消毒に使用されていましたが、現在では、管理のしやすい液体の次亜塩素酸ナトリウムの使用が主流となっています。

過去、水道水の消毒で使用されたカルキの名前とイメージだけが残ったのではないか。一般的には、カルキ=塩素と捉えられています。
カルキはさらし粉で白い物質なので蛇口についた水垢もカルキと混同してしまったのだと推測します。

まとめると
カルキはさらし粉のこと。
水に入れると塩素を発生させるが現在の水道水には使用されていない。

蛇口の水垢は、水の中の天然由来のミネラル分が固まったもの。
カルキや塩素ではない、 今の水道水にはカルキが入っていない。

(水道関係者に上記文書を見ていただいたところ、誤りは無いとのこと)



私の本業は、パソコン関連機器販売と
コンサルタントです
「パソコン応援団」と申します。
l  パソコンの動作が遅くなり、買い替えをお考えの方、インターネットが繋がらなくなってしまった方、私を呼んでください。
l  パットなどインターネット関連の設定もお手伝いします。
l  パソコン入門支援と個人教授を家庭訪問で、お客様のパソコンでいたします!!
ž  年中無休、完全予約制(午前9時~午後9時)
ž  パソコン各種相談・入門教室・家庭教師、世間話(詳細相談)、
ž  1時間まで 3,500円 + 1時間毎:1,500円  (応談)
ž  困ったことをお気軽にお問い合わせください

電気製品も販売しております
Ø  洗濯機、冷蔵庫、32型以上のテレビ、マッサージチェアー、エアコンなど大型製品は、専門の者が配達し設置いたします。
Ø  上記の物以外の小さな物は私がお取り付け致します。
Ø  店頭での商品の下見は私が送迎いたします。
Ø  電球の取替えなどもしておりますので、お気軽に呼んでください。
Ø  家電製品製造会社名と製品名(型番)店頭価格をお知らせいただければ、お値引き価格とリサイクル法のご案内をいたします。

コスモとよおか電機+パソコン応援団( 家電カタログ訪問販売専門店 )
 YAMADA DKグループ 家電量販店より安い価格, 電球一個でも
家電なんでも カタログも商品もお届けいたします、お気軽にお呼びください。

電話:090-3440-0212 代表:吉川明博

2017年4月18日火曜日

リニア中央新幹線に係る「豊丘村内発生土置き場(本山)における環境の調査及び影響検討の結果」について、知事の助言を通知しました

http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/happyou/documents/170418press.pdf

























リニア中央新幹線に係る「豊丘村内発生土置き場(本山)における環境の調査及び影響検討の結果」について、知事の助言を通知しました

http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/happyou/documents/170418press.pdf







- 1 -




「豊丘村内発生土置き場(本山)における環境の調査及び影響検討の結果について」 に対する助言



1 事業計画、工事概要

(1) 候補地から計画地に至るまでの発生土置き場の選定の経緯について、複数案との比較を含む環境の保全の見地からの検討の状況を含めて適切に記載すること。

(2) 工事の概要に記載の平面図や断面図について、住民に分かりやすい図面とすること。また、縦断図については、土地の安定性の検討断面図との整合を図ること。

(3) 平面図及び断面図について、埋設工、補強盛土等を記載したできるだけ詳細な図面を添付すること。

(4) 調整池からサースケ洞を経て虻川に合流するまでの地形が分かる図面を添付すること。その際、計画地内の沢の状況を適切に表示するとともに、住居や道路等との位置関係を併せて示すこと。

(5) 調査及び影響検討項目の選定において、非選定とした項目の理由として「周囲に住居等が存在しない」としていることから、坂島非常口から計画地までの間に住居等の保全対象が存在しないことが分かる図面を添付すること。

(6) 計画地を含む周辺地域は全域が水源かん養保安林に指定されており、水資源の確保のみならず洪水等の水害防止も指定の目的としているため、その指定状況を示すこと。

(7) 保安林機能を代替するために設置する防災施設等に係る維持管理計画を示すこと。また、工事中の排水対策、土砂流出防止対策(沈砂池の点検等を含む)についても具体的に示すこと。

(8) 調整池の容量の算定根拠について、想定する堆砂量を含めて明らかにすること。

(9) 機械による伐木、造材、除根が想定されるため、施工方法を示すこと。



2 水質

(1) 図 4-1-1-1 の調査地点図において、虻川及びサースケ洞を分かりやすく表示すること。

(2) 工事中及び盛土完成後における濁水による影響について、降雨時及び降雨後を含め、計画地及び広く改良工事を行う運搬道路から発生する濁水の量及び浮遊物質量と濁水の継続時間を定量的に予測し、現況との比較を検討すること。また、その予測結果の妥当性を確認するため、工事中及び盛土完成後の濁水の量及び浮遊物質量の発生状況の調査を検討すること。また、これら調査結果を踏まえ漁業権を有する者に意見を求め環境保全措置を検討すること。



3 土地の安定性

(1) 災害の発生状況について直近 10 年間のデータのみとしているが、当該地における 36災害や昭和 58 年の災害等過去数十年の土砂災害、山地災害の発生状況を分析し、それを踏まえ土地の安定性に係る予測結果の妥当性を明らかにすること。

(2) 地質断面図に地質調査を実施した3地点の位置を示すこと。また、地質柱状図に地下水位を示すこと。




- 2 -




(3) 盛土の安定計算については、最終の計算結果を示すだけではなく、計算断面の土層区分と各土層性状の記載、土質定数の推定方法(N 値換算式や代表 N 値の決定方法等)、盛土内の地下水や間隙水圧の設定条件、最小安全率を示す円弧すべり面の形状、浅いすべり面・深いすべり面の位置など、その根拠を明らかにすること。

(4) 計画地周辺の地すべり及び表層崩壊跡の分布図を 1/10,000 程度の縮尺の図で示し、そこに防災科学技術研究所のデータベースに掲載されている地すべり地形も図示した上で、これらの地すべりや崩壊が土地(盛土)の安定性に及ぼす影響及び講じる対策を明らかにすること。

(5) M-1 地点及び M-2 地点では深度3~4m程度まで N 値が 10 を下回る新規崖錘堆積物が確認されているが、国土交通省の「宅地防災マニュアル」による判定の目安では砂質土の軟弱地盤と判定されることから、盛土や構造物の安定性及び工法の検討に当たり、安全性の確保に十分留意すること。

(6) 残流域の生じる渓流への大規模な盛土となることから、通常の盛土法面の安定性に加

え、盛土全体の安定性についても検討すること。その際、残流域から流入する水も想定して検討すること。

(7) 地震時の安定性の解析について、「道路土工―盛土工指針」(H22.4 日本道路協会)に準拠して行っているが、当該指針は原則としてバイパス・現道拡幅等の新設、改良、維持管理の事業及び既設の道路の局部的な改良を対象としており、山間地の谷埋め盛土を想定して作成されたものではないと考えられる。そのため、三次元解析などの手法により、下流域の住民にとってより安全な施設となるよう検討すること。

(8) 盛土完成後における、盛土の変状や盛土内部の地下水位及び排水状況などの確認を、どの程度の期間、どのような方法で行うのか、考え方の根拠と併せて明らかにすること。

(9) 事後調査を実施しない理由として、採用した検討手法の精度に係る知見及び採用した環境保全措置の効果に係る知見が蓄積されているとしているが、同規模の盛土における事例等を根拠として示すこと。



4 動物、植物

(1) ギフチョウの調査について、専門家による技術的助言で示されている適切な調査方法による実施を検討すること。

(2) 重要な鳥類のうち、今回の事業で最も影響を受ける可能性が高い種としてはハイタカが考えられるが、希少猛禽類の調査では対象ペアのハイタカについて行動圏解析ができるほどのデータが得られていない。工事の実施や発生土置き場の存在がハイタカの生息・繁殖に与える影響について、事後調査を適切に実施し、その結果を踏まえて必要な環境保全措置を検討すること。

(3) ハイタカについては、発生土置き場の工事と工事用車両の通行の双方による影響を受ける可能性があるため、コンディショニングの実施は困難と考えられる。その有効性を判断するため、コンディショニングの実施手順を具体的に示すこと。

(4) ハイタカにおける代替巣の設置は実績がなく困難であると考えられるため、専門家等の助言を踏まえて十分に検討すること。




- 3 -




(5) 魚類及び底生動物の調査地域について、計画地及びその周囲の限られた範囲内としているが、運搬道路の拡幅や待避所を相当数設置するため、工事により発生する濁水の影響は広く下流域に及ぶ可能性がある。そのため、下流域の虻川全域を調査地域とすることを検討すること。

(6) 工事の実施による魚類、底生生物への影響について、「生息環境の一部が消失、縮小する可能性があるが、その程度はわずかであり、周辺に同質の生息環境が広く分布することから生息環境は保全される」としているが、その根拠となるデータを示すこと。

(7) 蘚苔類は代償措置の事例が乏しいため、オオミズゴケ及びイチョウウキゴケの移植を実施する場合は、移植地の選定や移植の方法等について、蘚苔類の専門家の助言を十分に踏まえて実施すること。また、移植後の生育状況の確認についても、専門家の助言を踏まえ、適切な時期に実施すること。

(8) ギンランの生育には共生菌が必要なため、移植を実施する場合には専門家の助言を十分に踏まえて実施すること。

(9) 植物の事後調査について、移植・播種した植物の生育状況の調査方法が「任意観察」となっているが、実際にどのような調査が行われるのか具体的な方法を示すこと。



5 人と自然との触れ合い活動の場

計画地周辺には、野田平キャンプ場以外にも、日向山ダム湖の紅葉、大明神淵、鬼面山など、四季折々の自然を楽しむ多くの行楽者が工事用車両の運行道路を利用すると考えられる。そのため、これらの人と自然との触れ合い活動の場の利用への影響についても調査及び検討を行い、その結果を踏まえ、道路の拡幅や待避所の設置などの環境保全措置を適切に講じること。



6 その他

(1) 虻川下流域の住民や漁業組合から、土砂災害の発生や濁水による漁業への影響等を懸念する意見が寄せられているため、住民等に対する丁寧な説明と意見の聴取を行い、十分に理解を得ながら事業を進めるよう努めること。

(2) 発生土置き場の建設に伴い、これまで車両の通行がほとんどなかった場所に多くの工事用車両が通行することから、環境面や安全面での住民の心配を解消するよう、丁寧な対応に努めること。

(3) 工事完了後の発生土置き場の管理について、豊丘村や地権者等と十分に協議を行い、安全が確認できるまでの期間は適切に管理を実施すること。

2017年4月5日水曜日

リニア中央新幹線豊丘村本山の残土処分計画地のJR告書に日本科学者会議県支部が意見書を長野県へ提出

  JR東海旅客鉄道のリニア中央新幹線建設工事に絡み、日本科学者会議長野県支部(代表・野口俊邦信州大名誉教授)が、下伊那郡豊丘村本山のリニア中央新幹線トンネル残土処分計画地に関する意見書を県環境政策課に提出した。残土埋め立て工事が及ぼす周辺環境への影響について、JR東海旅客鉄道が2月に公表した調査報告書に対し、土地の安定性や水環境など6項目にわたって疑問を投げ掛けている

発生土置き場における環境の調査及び影響検討の結果について
(JR東海)
http://company.jr-central.co.jp/chuoshinkansen/efforts/nagano/posteriori_survey.html


以下その全文を掲示する

環境保全の見地からの意見書

平成29年 3月14日 
日本科学者会議長野県支部

1.報告書の名称(JR東海旅客鉄道が2月に公表した調査報告書名)
  豊丘村内発生土置き場(本山)における環境の調査及び影響検討の結果について

2.意見
1.土地の安定性に関する意見
上記報告書の「ページ4-2-2 土地の安定性」のうち「ページ4-2-2-6 (2)影響検討」については、検討解析手法が妥当でなく是正するように求める。
この検討では土地の安定性の解析を行っているが、地震時の安定性の解析は「道路土工―盛土工指針」(H22.4日本道路協会)に準拠している。しかし、この「道路土工―盛土工指針」の「第1章総説 1-1適用範囲 (1)指針の適用」の欄には次の記述がある。
「本指針は、主に道路盛土及び盛土に係わる排水施設の計画・調査・設計上の基本的な考え方や設計・施工・維持管理に関する手法、留意事項について示したものである。本指針は原則としてバイパス・現道拡幅等の新設、改良及び維持管理の事業を対象とするが、既設の道路の局部的な改良についても本指針を参考にすることができる」とされている。すなわち、この指針自体が本件のような山間地の谷埋め盛土のような状況を想定しておらず、この指針に準拠することは不適当である。
特に谷埋め盛土については1995年の阪神淡路大震災や2011年の東日本大震災など、多くの地震災害によって、谷埋め盛土の安定解析手法そのものが見直されていることを鑑みると、地震時土砂災害や土砂流出災害を未然に防止するためにも、不適当な指針に準拠することは認められない。
また、同指針304ページの「付録2 地震動の作用に対する照査に関する参考資料」(別添)では「付表2-1は、既往の地震による盛土の被害事例について、地盤(地山)条件別に主な崩壊形態を整理して示したものである。このうち著しい被害は…山地部の沢地形を埋める盛土では浸透水が存在する場合に、…に生じている」として、地震時の盛土内部における間隙水圧の上昇によるすべり破壊の卓越について記述している。あわせて、「このような盛土の地震時安定性を評価する計算法はいくつか提案されているが、実用レベルで有効性が十分に検証されたものは少ない状況にある。地下水が関与して液状化現象を伴う被害形態についての安定化評価法については「道路土工-軟弱地盤対策工法」に委ねる」としている。
一方で、従来地震時の盛土の安定解析に用いられてきた二次元解析では、盛土内部の間隙水圧上昇による滑動崩壊現象について説明できないことが明らかとなっている。阪神淡路大震災における大小の谷埋め盛土の崩壊現象では、地山勾配が緩傾斜であるところが多く被災しているとの調査結果がある。この報告は「地震による大規模宅地盛土地すべりの変動メカニズム」(平成15年度~平成17年度科学研究費補助金研究成果報告書)(平成18年3月 釜井俊孝 京都大学防災研究所)として公表されており、この中で釜井らは「平均谷底傾斜が緩い盛土ほど変動した割合が高かったことになるが、これは物理法則に反する。おそらく、谷底の傾斜が他の要因、特に地形・地質的要因に影響していることを反映していると考えられる。このことは、谷埋め盛土の地すべりを説明する場合、通常の二次元縦断面だけでの議論では不十分であることを示していると考えられる」と述べている。
前述の「道路土工―盛土工指針の付録2」には、「実用レベルで有効性が十分に検証された」手法があることを認めているのだから、巨大な谷埋め盛土を行う事業者としては最善を尽くした解析検討を行うべきである。
11年前の京大防災研究所の報告書によって、日本の谷埋め盛土の地震時の安定解析は新しい段階に入っていることを考慮し、三次元解析を含むさまざまな手法を駆使して、より現実に即した、盛土の下流域で生活する住民にとって安全な手法を採用すべきである。
JR東海が行った調査結果では、盛土予定地には地すべり地形が発見されたとしている。影響検討では「できる限り地すべり地形を回避した」と述べているが、当該地域は花崗岩が風化したマサ土地帯であることは多くの住民も知っており、部分的に過去の地すべり地形を回避したとしても、地質条件としては滑動崩落現象の発生しやすい地域であることに変わりはない。
上記のことから、報告書の地震時安定解析手法は、地域の安全を考慮した妥当なものとなっていないので再検討し、それに併せて盛土構造そのものも是正すべきである。

2.土地の安定性の事後調査について
上記報告書「ページ4-2-2-9 ウ、事後調査」では、「検討結果の不確実性の程度が小さいこと、また採用した環境保全措置についても効果に係わる知見が蓄積されていると判断できることから、環境影響評価法に基づく事後調査は実施しない」と述べているが、前述のように地震時の安定解析は地下水位の変動によって大きく変化するものであり、まさに「不確実性の高い」解析であることから、事後調査などしないというのは責任放棄も甚だしく、再検討すべきである。
JR東海は「地下水位は水抜きをするので大丈夫だ」と県の委員会で述べたと報道されているが、盛土の水抜きや有孔管などは時間の経過とともに目詰まりすることは常識である。しかも盛土材料は花崗岩の粉砕土砂であり、降雨とともに微細な土粒子ほど早期に水抜き部分に集結するので目詰まりは必ず発生し、徐々に盛土部の地下水位は上昇することになる。
一方でJR東海は豊丘村の住民説明会(2017年1月30日)において、JRが実施する盛土完成後の維持管理について「(切り開いた)山林の保水能力が回復するまで」の期間とする旨の発言をしている。ここでいう「切り開いた山林の保水能力」とは盛土部分の保水能力としか考えられないが、そうだとすると盛土の水抜きや有孔管が目詰まりして地下水位上昇が安定した頃に、管理を地権者へ戻すということになる。
県の技術委員会では「水抜きで地下水位は下がるから大丈夫」と発言し、地域住民には「保水能力が回復したらお返しします」と述べているのは、地震時の安定解析を県には都合よく説明しているだけであって、最も危険な状態になってから管理を地権者に返還するという、とんでもない計画である。「山林の保水能力」とは土壌中の水分が毛細管現象によって地表面近傍にまで上昇することにより確認されるものであり、透水性の高い花崗岩の粉砕土砂の盛土ではかなりの程度まで地下水位が上昇していなければ保水能力の回復は見られないはずである。
「山林の保水能力が回復したとき」すなわち「盛土部の地下水位が安定的に上昇しているとき」というのは、盛土が地震時に滑動崩落する最も重要な条件の一つであって、このような時期に「維持管理を地権者にお返しする」などという計画は絶対に認められない。
JR東海が盛土部の管理に責任を持つというのならば盛土内に多数の地下水位観測井や間隙水圧観測孔とセンサーを設置し、その記録を連続的に監視する体制を整えるべきである。「ある一定期間が経過したら管理は地権者へ戻す」などというのは、危険な状態を知りつつそれを隠蔽して譲り渡す行為であり、許されることではない。
事後調査と常時監視は盛土がある限り継続しなければならないのであり、ツケを後年の地元住民に回すようなことはしてはならない。

3.水環境への影響について
報告書「4-1水環境」については、地域住民が懸念している盛土からの土砂流出について検討がなされておらず、再調査と検討が必要である。
報告書ページ4-1-1の冒頭には次のような記述となっている。
「a)検討項目」では「発生土置き場の設置に係わる浮遊物質量(SS)による影響とした」
「b)検討の基本的は手法」では「発生土置き場の設置に係わる浮遊物質量(SS)の影響について配慮事項を明らかにすることにより定性的に検討した」
「e)検討対象時期」では「工事中とした」
そもそも巨大な谷埋め盛土を行い、それによって引き起こされる「水環境」への影響を検討するというのに「水の濁りに係わる環境影響」だけを取り上げ、しかも「工事期間中」に限定し、「配慮事項を明らかにして定性的に検討」するというのは、最初から「将来にわたって影響などない」という結論を導こうとする論理に他ならない。水環境の調査を一般的な河川水質調査と同等に扱うことは、巨大な盛土を山間地に施工する際の環境影響評価として著しく不適当であり、再調査、再検討すべきである。
本件において水環境への影響を検討するのなら、以下の点について検討すべきである。
①濁水発生の影響(晴天時と降雨時のそれぞれについて工事中と工事完了後の定量的検討)
②降雨時土砂流出の影響(工事前、工事中と工事完了後の定量的検討)
③土砂(濁水)流出が河川環境の将来に与える影響(魚類と水生生物への影響を含む)
④土砂流出を自然状態と同等程度に抑制する施設の維持管理。あるいは自然状態より多量の土砂流出を予測した場合の河川環境への影響と河川管理のあり方。
まず、「発生土置き場の設置に係わる浮遊物質量(SS)による影響」を検討するのであるから、検討手法としては現況での降雨量とそれに伴うSS流出量を測定し、盛土工事時と完成後の降雨時におけるSS流出量を予測比較して、その上で環境保全措置としての沈砂地の容量や維持管理について検討するというのが環境影響評価のあり方である。すなわち、定量的な評価をしなければ有効な環境影響の検討とはならない。
盛土前の自然状態と比較して、山地を切り開き盛土を行っている工事中と完成後のSS流出量は降雨形態によって大きく変化するはずである。盛土による土砂災害などを想定するまでもなく、降雨によって盛土された土壌粒子が下流域に流出するのは当然のことであり、地域住民が懸念しているのは「それらの流出土砂がどの程度の期間でどの程度の量が流出するのか」という点である。
しかもこのSS(土砂)流出問題を工事中だけに限ってしまうのは、極めて意図的なものであると言わざるを得ない。
巨大な盛土を山中に行うのであるから、「水環境」を「水質」問題だけでなく、サースケ洞から天竜川に至る河川環境全体の問題として捉えるべきである。130万㎥の土砂が長期間にわたって(あるいは我々の子や孫たちの時代に)も工事完了時そのままの状態で存在するとはだれも考えないはずである。なぜなら、この地域の者はみな降雨時に天竜川とその支川がすぐに濁水となることをよく知っており、頻繁に水路や小河川の泥上げに苦労しているからである。豊丘村だけでなく伊那地域には天井川が多数出現しており、それだけ河川への土砂流出は住民にとって重大な問題なのである。盛土部分は自然の山間地より土砂流出量がどの程度多くなるかという点について環境影響を予測することは極めて重要な検討事項である。
また、この「4-1水環境」が「水の濁り」に係わる検討というならば、降雨後の晴天時に継続する濁水の影響についても定量的に検討すべきである。この点では天竜川を漁場とする下伊那漁協に対して、濁水の影響範囲、継続時間について検討した結果を漁協に提出し、意見を求めてから配慮事項を改めて検討すべきである。その際は「4-1-2 河川環境」を追加して前述の土砂流出に関する解析検討を記載する事が必須事項である。

4.「水環境」の事後調査について
また、ページ4-1-1-8の「ウ)事後調査」では「検討結果の不確実性は小さいこと、また採用した環境保全措置についても効果に係わる知見が蓄積されていることから、事後調査は実施しない」と記述しているが、これも訂正すべきである。
これまで述べたように、盛土地域の下流域における河川環境は、工事完成後も経年的に大きく変化することが予測されるはずであるから、「不確実性」は極めて大きいといわなければならない。盛土した土砂の相当量が近い将来にサースケ洞から虻川へ流出する前に、危険を予測して直ちに対策を講じる監視体制を確立しておくべきであり、河川環境全体の問題として検討しなければならない。
盛土の面積は80,000㎡である。降雨時の表面流出に伴う土砂流出は時間の経過とともに、表層水路の有効断面積も縮小させ、次第に土砂は下流域へ流出する量が増大する一方で、表層に設置した側溝天端に流入できなくなった雨水はそのまま地下浸透するという事態となる。
流出土砂と地下水位の継続的な監視は下流域の危機管理のためには必ず実施しなければならない。
河川環境とそこに生息する生物との関連で言えば、事後の調査こそ決定的である。
「3-3専門家等による技術的助言」のページ3-16「主な技術的助言の内容」の「魚類、底生動物」の項では「濁水対策として沈殿池を設置する必要がある」「これらは濁水に弱いことから…岩表面にシルトがつかないようにする濁水対策が必要となる」と記述されている。しかし、これは工事中の濁水対策に限ったことを指しているが、現実には盛土完了後も濁水が継続することは大いにあり得ることなので、特に内水面漁業者らはそのことを大変懸念しているのである。
内水面漁業を生業としている団体からの技術的助言を聴取することもしないこのような態度は、工事が終了してから濁水が問題となっても「工事前と変わらない状態だ」としてこの問題を回避しようとする意図があるのではないかと思わざるを得ない。
河川環境の、とりわけ降雨時とその後の濁水継続時間と流出量の環境影響は、事前調査と事後調査の定量的解析が不可欠である。

5.調整池と流出土砂の維持管理について
「配付資料30」には調整池の図面が掲載されている。この調整池の容量は1400㎥となっているが、もともとこの容量は盛土完了後に洪水調節機能と計画堆砂量を貯留させる機能を併せ持っているはずである。調整池に上流の盛土部から流出する土砂の貯留機能を持たせるには、流出土砂量の予測をしなければならないが、県の防災調整池等技術基準や林地開発許可に関する技術的細部基準では、裸地の設計堆積土砂量として200~400㎥/年/haを基準にして算定するようにしている。
また、技術的細部基準ではこの解説として「上流に土砂留施設を計画していないときは、3年から5年間(工事中、工事後合算)の流出土砂量を処理できる容量の調節池とするとともに、維持管理方法についてもあきらかにすること」と記されている。
本計画地は盛土部の面積が8㏊であるから、設計堆積土砂量を最小に見積もっても1600㎥/年の堆積土砂となり、調整池はわずか1年経ずして埋没してしまう可能性がある。
このことから盛土最下流に設置される調整池容量そのものの機能が盛土工事完了後のわずかな期間に埋まってしまうことのないように調整池容量の再検討をすべきであり、あわせて「技術的細部基準」にあるように「維持管理手法についても誰がどのように管理するのか」を明らかにすべきである。
伊那地域の住民は流域周辺ダムや砂防ダムの堆砂速度が早いことをよく知っており、この調整池の堆砂機能の維持については強い関心を持っている。
前述の「水環境への影響」を検討する上でも、調整池の土砂貯留機能は決定的な意味を持っており、かつこの維持管理は下流住民の生活環境を防衛する上でも重要なテーマであることは論を待たない。
もし、「1400㎥の調整池があるから下流域への盛土の土砂流出はあり得ない」とするなら、その根拠を述べるとともに、将来にわたって継続してこの調整池の機能を持続させる手法について記述すべきである。それなしに「土砂流出による環境影響はない」とすることはあり得ない。

6.土砂流出の危機管理について
本報告は130万㎥の土砂を谷埋め盛土するというのに、それらが将来的に流出することをほとんど検討しないというのでは、環境影響検討として極めて不十分なものといわざるを得ない。
前述の調整池容量計算でも解るように、事業者は流出土砂について低いレベルに見積もっていることが歴然としている。しかし、盛土は工事完了後に長期間そのままの状態であることはあり得ず、事業者が環境影響を検討するのであれば、将来的にどのような状況で、どの程度の土砂流出が発生するのか予測し明示することは避けて通れない検討課題である。
流域住民が最も懸念するのは、盛土の一部が流出を繰り返しながらサースケ洞を流下し、虻川との合流点に流入することである。降雨量、降雨強度によっては流出土砂がサースケ洞を短期間に流下する可能性は否定できないのである。とすれば、調整池容量を考慮しつつも、急激な土砂流出を抑制・防御する施設を多段にわたって設置することが必要である。
通常の降雨時の雨水は下流へ流出させつつ、危機的な土砂流出はとりあえず防止する工夫も検討すべきであり、併せてこの施設の維持管理についても責任の所在を明らかにしておくべきである。
今回の事業者の計画は、林地開発における盛土量としてはこれまでの常識をはるかに超える規模になっており、しかも降水により浸食された谷すじに残土を投入しようとするものである。
盛土部からの土砂流出に関する危機管理施設の設置とその維持管理については、新たに検討をおこない、その内容・結論を報告すべきである。前述の盛土内部の地下水位観測井や間隙水圧観測孔及びセンサーの設置などもこの危機管理施設の重要な柱である。
盛土崩壊の要因となる地下水位の上昇や土砂流出について検討を行うこともなく、谷埋め盛土の工事を開始することは絶対に認められない。



2017年3月31日金曜日

豊丘村議会議員 吉川明博 活 動 報 告 2期目 No.8 通算24号 H29,1月~3月

豊丘村議会議員 吉川明博 活 動 報 告
2期目 No.8 通算24号 H29,1月~3月 

「サロンおいでなんしょ小園」開催のお知らせ
お茶飲み会です、
どなたでもご参加いただけます。
参加費無料
毎週 月曜日 午前9:30~11:30
小園研修センター
連絡先:090-3440-0212 0265-35-5823 吉川明博
-----------------------------------------
お読み頂きましてありがとうございます。
多くの方々から「楽しみにして読んでいるよ。」「字が多くて小さい、でもまぁ、しょうねか、あの内容ではなぁ。」「一般質問の概要があれば良いのでは。」「行間を広くすると読みやすいよ。」などご意見と励ましを頂まして、続けることができています。
 おかげさまで2期目の議員活動を始めさせていただき、もう2年になります。
豊丘村議会の慣例で4年の任期中の折り返しの2年目の始まりで所属委員会の変更があります。希望を伝えることはできますが、議長の指名により決まります。

現在の私の所属は議会運営委員会(注釈1)副委員長、総務産建委員、予算決済委員、リニア特別委員会副委員長(議会内)、議会改革委員会第2小委員会委員長。リニア対策委員・消防委員(村設置)です。

過去2回は議長に希望を伝えましたが、今回はお任せしようと考えています。過去6年の評価を見てみるのも一興です。
5月の上旬には決まりますので、7月にお配りいたします報告でお伝えいたします。

この報告は伴野区全世帯約400部と他近隣に50部を電動スクーターに乗り配布させていただき、多くの皆様と玄関先やあぜ道の立ち話で、直接村政と議会の話をさせていただいています。
活動報告を発行することで、自身の発言と行動が確認でき、次の議会の問題意識とテーマができて、良いことばかりです。
 これからも豊丘村の一員として、子育て支援、高齢者福祉、ボランティア活動の啓蒙、直売所村の駅(仮称)、リニア対策を中心に活動して行きますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
(今回の一般質問は二日にわたり11名が質問に立ち、私は初日17日の一番です。この順番は各定例会の初日の午前830分から翌日の午後4時までに「一般質問通告書」を議長に提出した順番です。私は初日の1番に拘っています。理由は、各議員の質問の内容は通告書がまとめられないと分かりません。その内容が他の議員と重なった場合で順番が後になり、最悪全ての質問事項が重なった場合、村からの答弁は「○○議員に申しましたように・・・」となってしまいます。準備した質問の内容をその場で変えて質問するなどの能力は私にはありませんし、そんなに甘いものではないと考えるからです。初日の一番にしないとまったく意味のないものになります。一期目の初回平成236月定例会の時から23回の一般質問がありましたが、健康にも恵まれ一度も休むことなく行うことが出来ました。一般質問を議員活動の中心に置き、有権者の期待に応えるべく精進します。)

(注釈1)議会運営委員会は、全14議員中5議員で構成され、議会を円滑に運営するために設置されています。議会運営委員会では年4回開催される定例月議会の開催日程の調整、本会議の進行の確認などを行います。

今回は「一般質問 話したまま」はページ数の都合で割愛させていただきます。


<<< 豊丘村議会 平成29年 第13月定例会 >>>
吉 川 明 博  一 般 質 問 概 要 3/17

村の駅とよおか(仮称)について  答 仮称は「道の駅南信州とよおかマルシェ」
 豊丘村6次産業化プロジェクトの村の駅とよおか(仮称)について、政府は自治体支援策の特例税制の対象に下伊那郡豊丘村を全国で初めて認定した。
中山間地の中心部に生活関連施設を集め「小さな拠点作り」で2018年の開館を目指す道の駅(仮称)南信州とよおかマルシェを中心に、「小さな拠点」の整備を進める計画。管理運営は、新たに設立する村や村民が支出する株式会社が担う。特例で個人出資者を税制面で優遇する。これは村が進めている施策に大きな追い風になった。進捗状況と今後の予定の説明を。
産業建設課長 造成工事がほぼ終了し、建設工事に入る入札期間中、3月末には議会の議決・承認、建築工事業者が決定致したら、来月以降工事に取りかかり、来年の2月下旬には竣工、完成する予定。運営する新法人「株式会社豊かな丘」は、29年8月頃から出資にかかる説明会を開催、村民の出資金を募り、12月をめどに新法人設立する。新法人設立に向け発起人委員会を開催している。本議会予算議決後4月から会社設立の定款や出資金の募集方法等進める計画だ。村民から多くの出資をいただき、愛され村の農業、商業の中核をなす施設となって発展できるよう、お願いします。
直売出荷者の登録は29年8月頃から直売所部会等で検討を進めている、大勢の登録をいただき、野菜等の出荷を大勢お願いしたい。野菜栽培の先進地視察4月計画をした。
要請 個人出資者は税制面で優遇される、ふるさと納税と同じように、個人出資者に額に応じて税金の控除がなされるのではないか。全国初ということであり豊丘村で進めてきたことが、時流の先頭に立っている。特に村の株式出資については「ある程度の歯止めが必要だ」との意見がある、村の駅の計画の根幹にかかる、しっかり慎重な審議を進めていくべき。
 立ち寄ったお客様への観光、総合案内所を設置する考えはあるか。
豊丘村には観光協会がない。村の駅の中に観光案内所を設置するべきと考る、村長の考えを。
村長 NPOだいちに観光案内業務委託をしている、今後NPOだいちと道の駅を運営する新法人豊かな丘への委託業務のあり方について、訪れた皆様にわかりやすいご案内ができますよう検討する。道の駅の中には道路情報等を網羅し、パンフレットや地図を掲載した情報提供休憩施設も計画されている。
提案 村の駅に看板など標示物を作ることを具体的に提案する。

問 リニア豊丘村内発生土置き場(本山)の環境はどうなる
答 日本科学者会議長野県支部が意見書を
 リニア中央新幹線についてJR東海旅客鉄道が長野県に提出した「豊丘村内発生土置き場(本山)における環境の調査及び影響検討の結果について」に6項目の疑問があると日本科学者会議長野県支部が長野県に意見書を出した。
大項目の1、土地の安定性に関する意見。2土地の安定性の事後調査について。3水環境への影響について。4水環境の事後調査について。5調整域と流出土砂の維持管理について。6土砂流出の危機管理についてと指摘。「地域の説明会の内容に矛盾点がある」これの内容については村の中での検討、JRとの対応については一つ一つ克明に回答を得なければならない項目だと私は読み取っている。
前定例会以降のリニア中央新幹線事業の動きと関連する道路拡張工事、変電所、送電所工事等の動きについて説明を。
総務課長 リニア工事に伴う道路等の安全対策等についての説明会がJR東海並びに工事を請け負っているJVの方から、運行路の希望路線等も提示、関係住民、関係地区に対して説明。主に通る道路は、村道の長沢線、県道長沢田村線を経由して、林道の大島虻川線を通ると1221日田村地区に対してJR、JVからの説明。2月3日北村自治会の5差路の難所に絞り北村自治会に対しての説明会も行われ、佐原地区に対しては林道大島虻川線等の整備方針、通行方針等についての説明がなされた。
本山の発生土置き場について本山生産森林組合から候補地としての案が出されている。発生土処分のことについては、2月5日、1月30日に虻川流域の説明会を行っている。33日本山生産森林組合の総代会において、この候補地としている発生土置き場についての使用に同意がなされていると村では聞いている。
まだ仕様の同意の段階でありますので、これから具体的に保安林の解除申請はJRが行い林野庁の許可という動きができるという段階になっているが、保安林解除の申請のために地権者の同意が必要だというところの一番先のステップだけが踏み出せた状況。
続いて本体工事を請け負ったJV(とは)
(共同企業体(きょうどうきぎょうたい、英語:joint ventureジョイント ベンチャー、略語:JV)とは、複数の異なる企業等が共同で事業を行う組織のこと。主として土木建築業界において、一つの工事を施工する際に複数の企業が共同で工事を受注し施工するための組織のことを指す。民法上の組合に該当するとされる。:JR東海は、リニア中央新幹線の建設プロジェクトで、「中央新幹線伊那山地トンネル新設(坂島工区)」の施工者を清水建設・大日本土木JVに決めた。公募競争見積もり方式で選定手続きを進め、20169月28日に契約を締結した)
の工事事務所、作業員宿舎について請負会社かの候補地の提示があり福島地区の大柏地籍を希望とあった。村も地元の協議を一緒にやっているが結論には至っていない。
トンネル工事等が始まると水涸れに対する不安と恐れが想定される。福島地区において下から湧き出す湧水が多い地形で、枯渇時の代替水源について調査を続けており、3月10日に福島地区の役員の方とJR、村も立ち会い代替水源の調査もしている。
中部電力関連で2月21日に福島地区の役員に鉄塔建設の場所が大体内定したので、説明がなされた。
現在、公表されているのは、トンネルの坂島工区のみ。今後はトンネルの戸中の部分、中部電力の佐原の変電所の大きな事業がこれから出てくる、各社協調した対応をとれるように村としても進めていきたい。
 リニア対策委員会でJR東海から工事用車両、通告数やルートの計画の説明があり、各地区においても説明会があった。当該地域の質問、要望、要請、計画の賛否等が、リニア対策室にはあったか。
総務課長 示されているのは林道改良部分が主。村道長沢線は北村自治会の中心部を通る路線で資機材を運ぶ大型車両が通るということで、地域の住民の方は心配をされている。通学路に指定している部分もあり、対策等について例えばグリーンベルト等(歩道帯域の明確表示)を設けて、通学時の児童の安全を図るとJVからも示されており抜かりがないよう対応を求める。
林道大島虻川線については、主に佐原地区が主体となる路線、秋はキノコ山の時期等もありますので時期を必ず外す要望はいただいており、JVJRに通知をしてあるので、林道の改良工事も始めていくのかなという状況。要望、要請等できることできないことについて協議をしていく中、村としては当たっている。
 役場まで出かけてきて、質問なりご意見があったということではないとは思いますが、説明会等の後、又説明会の中でご意見が出ているということで、これから具体的にいろんな形になってくると思います。
リニアについては思い出しますと、という言い方になりますけれども、豊丘の南の喬木村とも境の壬生沢の小園地区の壬生沢線と言われる村道のところにトンネルの口ができるよという話から始まりまして、それに関する電力の必要性があるので、佐原の山の方から高圧線から電気を取り出すために高圧線を張るための電柱をたくさん立てました。いってみれば小園だけかなと思っていたら佐原の方でも広がっていったと。壬生沢の方にも関係してきたと。
そしてついには、作業用の工事車両が走り回ることで、田村の地区にも影響が及ぼすことがわかってきた。
まだ発生土をどこに持っていくかということが決まっていません。決まっていないので、本山の方へ、山奥へ持っていけば、村内の交通、環境に関することが是正されるのではないかという考え方の中で、本山厚生会の中で発生土を入れることを理解しているという状態かと思います。
本山厚生会においての現在の審議状況については、村の方ではどのような情報を持っているか説明を。
総務課長 本山生産森林組合の総代会が3月3日に開催され、発生土置き場の使用についての同意をいただいた。
提案 仕様についての同意・確認がされた。仕様とは大体こんなような物ができますよ、こんなようなことをしますよという意味での仕様であり、まだ詳細設計の段階ではないと現時点では理解をします。まだ発生土がどこに行くか決まっていない。発生土を積んだダンプがどこを走ってもおかしくないと私は考えている。例えば県道を南北に走り抜ける可能性もある。県道際の、又は広域農道際のお住まいの方々、発生土を積んだダンプが走り出しますと私の家族に影響が出てくる可能性を含んでいる、私のとこは遠いから関係ないということではなくなってきているということを示していると私は考える。
各地域でこれからも開かれる説明会、又はリニア対策室の会議等関心をお持ちいただきたい、村民の皆様の多くの関心をお持ちいただくことが環境破壊の抑止力と私は考えている。「説明会のときには一緒に聞いていただいて、同じ知見と資料を持ち合わせる中でこの地域を守っていくことをみんなで一緒にやっていきましょう。関心をお持ちいただいて、説明会に参加をいただくことを皆様方に提案する。
問 それぞれの地域の皆さんがJR東海旅客鉄道と協議・審議・説明を求めるとことを希望したときに、村はその声を仲介して協議の場を設定することに協力をするかどうか、今の時点の考えを村長に尋ねる。
村長 工事の関係地区へのJRによる工事説明会は、一回で終了することではなく、必要とすれば2回目以降も開催していくということをJRの方から回答をいただいている、ご安心いただきたいと思います。
要望 この質問の中心にあるのは、JR東海という大きな会社に電話をしてこの前の説明会の内容について聞きたいけれども、説明会を再度やってくれということを言えない。でもその思いは強くある。1人の方の不安は、同じ不安を持っている方は他にもいるという前提でことは進めていかないと、不安を先に吸い上げる体制づくりをするという意味では、村は不安があったらリニア対策室に連絡を取ってくださいというようなことを今後のいろいろな機会を設ける中でリニア対策室の存在、村としての姿勢については、ぜひ積極的に広めていくべきだ。
以上



私の本業は、
パソコン関連機器販売と
コンサルタントです
「パソコン応援団」と申します。
l  パソコンの動作が遅くなり、買い替えをお考えの方、インターネットが繋がらなくなってしまった方、私を呼んでください。
l  パットなどインターネット関連の設定もお手伝いします。
l  パソコン入門支援と個人教授を家庭訪問で、お客様のパソコンでいたします!!
ž  年中無休、完全予約制(午前9時~午後9時)
ž  パソコン各種相談・入門教室・家庭教師、世間話(詳細相談)、
ž  1時間まで 3,500円 + 1時間毎:1,500円  (応談)
ž  困ったことをお気軽にお問い合わせください

電気製品も販売しております
Ø  洗濯機、冷蔵庫、32型以上のテレビ、マッサージチェアー、エアコンなど大型製品は、専門の者が配達し設置いたします。
Ø  上記の物以外の小さな物は私がお取り付け致します。
Ø  店頭での商品の下見は私が送迎いたします。
Ø  電球の取替えなどもしておりますので、お気軽に呼んでください。
Ø  家電製品製造会社名と製品名(型番)店頭価格をお知らせいただければ、お値引き価格とリサイクル法のご案内をいたします。

コスモとよおか電機+パソコン応援団( 家電カタログ訪問販売専門店 )
 YAMADA DKグループ 家電量販店より安い価格, 電球一個でも
家電なんでも カタログも商品もお届けいたします、お気軽にお呼びください。

電話:090-3440-0212 代表:吉川明博