2013年8月2日金曜日

住民によるリニア中央新幹線笛吹市の工事完了現地視察


各位(ご案内:豊丘村民に限る)

住民によるリニア中央新幹線笛吹市の工事完了現地視察を以下のように検討しております。

豊丘村が笛吹市との仲介をしていただくことになりました。

(1) 日程は笛吹市との調整後決めますが、
8月26・27・29・30の内1日、日帰りを想定しています。
詳細は今後決まりますが、参加希望を者を募っています。

(2) 各位の都合が合うかは今後の折衝によりますが、参加ご希望の方は
氏名、住所(豊丘村民に限る)、年齢、連絡先電話番号(自宅・FAXと携帯電話)
(あればe-mailまたは携帯電話メールアドレス)を連絡してください
(名簿として村に公表します)

(3) 連絡先:吉川明博
    e-mail:akihiroy_3@yahoo.co.jp

     FAX0265-35-5823
     090-3440-0212(SMS可能)


リニア中央新幹線笛吹市工事完了現地視察計画概要(変更有)

Ⅰ 実施主体:リニア新幹線に関心がある有志
   代表:長野県下伊那郡豊丘村大字神稲11380-1 
         壬生眞由美

Ⅱ 日時:平成25年8月26・27・29・30日の
      いずれかの一日
   日帰り(早朝発・夕方帰着)

Ⅲ 定員:20~25名

Ⅳ 希望視察対象:(笛吹市へ依頼事項)

①笛吹市、既に工事が完了した地区のうち、リニア新幹線敷設地区

②上記のうち、トンネル坑口周辺地区

③同上、立て坑設置周辺地区

④残土埋め立て地

⑤工事地区上部で水量に変化が生じた箇所

⑥工事地区か分で水質に変化が生じた箇所

⑦リニア新幹線のために新たに建設された変電所・鉄塔等 

Ⅴ 希望取材対象者:(笛吹市へ依頼事項)

①笛吹市、既に工事が完了した地区を含む自治体で、JR東海の渉外業務担当の方。

希望取材項目

①-1 工事により補償された事例、補償対象と補償方法

①-2 工事に起因すると考えられるが補償されなかった事例

①-3 リニア新幹線建設のために敷設された工事用道路と既存道路との関係などの資料

①-4 残土受け入れ方法についてJR東海との申し合せ事項の有無

①-5 受け入れ残土の安全性及び、埋め立て後の水系の変化等、予期できなかった点、今後の防災上の留意点等

①-6 残土を受け入れる際に必要なチェック項目及び体制等


②笛吹市又は、既に工事が完了した地区を含む自治体で、用地買収の対象者

②-1 買収範囲、代替用地等補償について

②-2 生業、生活環境の変化等

③笛吹市又は、既に工事が完了した地区を含む自治体で、用地買収の対象にならず、新幹線用地に近接して居住されている方

③-1 工事中の様子

③-2 工事完了後、運行時の様子等


Ⅵ 利用車両:マイクロバス1台

Ⅶ 費用等:燃料費・高速料金・取材地への謝礼等・・・・参加者負担

Ⅷ 参加者募集方法:口コミ及び村の有線放送

Ⅸ 視察後の活動:

①今回の視察により得られた情報を参加者の間にせず、広く村民に公開することで情報を共有できるようにする。

②今秋公表予定のJR東海(株)による準備書の妥当性を検証する予備知識として生かす。

以上

(文責:吉川明博)