2013年10月31日木曜日

豊丘村がリニア中央新幹線建設に伴う豊丘村内のルート沿線の水文調査を実施しています









豊丘村がリニア中央新幹線建設に伴う

豊丘村内のルート沿線の

水文調査を実施しています


自治会を通じて調査票が回覧されています。






リニア中央新幹線の環境影響評価準備書に対する意見をJR東海のHPから提出しました

リニアL0系走行実験を環境アセスメントと同時に進める矛盾
リニア新幹線車両L0系走行実験をしている最中に、リニア中央新幹線の環境影響評価準備書を発表することに矛盾を指摘します。
 貴社が、今年9月29日から2016年度にかけて、山梨実験線にて営業用車両L0系を最大12両編成で走行実験をおこなうと発表し、実施ています。

 L0系は新型車両で12両編成で走行実験が行われるのは初めてであり、設計机上では予測できないことが発覚することがある可能性があること、又は無いことの、確認走行実験となります。

 他方、貴社は、今年2013年秋にリニア中央新幹線の環境影響評価準備書を発表しました。

矛盾は、準備書が出てからも走行実験をおこなうことです。環境影響評価法に抵触することと考えます。

 準備書は本事業に伴う様々な環境への影響を予測・評価し、対策を記載した文書です。当然、列車の走行にともなう騒音、振動、トンネル微気圧波、電力消費、磁界などの影響予測や対策についても言及がなされます。そして準備書に対しては市民や市町村・県知事から意見を提出できることが環境影響評価法で定められています。

この準備書への意見提出が、外部から環境配慮について意見を出せる最後の機会です。

 準備書はL0系・12両編成での走行実験結果が記載されるのは不可能です。これまでの実験車両による走行に基づく予測や対策が記載されることになります。

 今後の新型車両12両編成での走行実験で新たな環境への影響が判明し、新たな対応が必要となっても、準備書に反映できず、外部からの法律に基づく意見提出が不能になります。

 また、事業者は、住民地方公共団体からの意見を受け準備書を書き換えます。環境省からの意見が加えられ準備書を書き直し評価書とします。

補正後の評価書を公表して、環境影響評価は終了です。

 貴社は2016年度着工を目指すとしておりますので、用地買収の日程などを考えると、2014年後半には環境影響評価を終わらせねば間に合いません。

走行実験が終わるのは2016年であり、その結果を工事に反映させるのは、その後となります。

 着工後に工事内容が変更される可能性があり、環境影響評価が終わった後に事業内容が変更された場合は、環境影響評価法第三十一条、2に事業者は、第二十七条の規定による公告を行った後に第五条第一項第二号に掲げる事項を変更しようとする場合において、当該変更が事業規模の縮小、政令で定める軽微な変更その他の政令で定める変更に該当するときは、この法律の規定による環境影響評価その他の手続を経ることを要しない。とあり

事業者は、補正後の評価書を公表した後に、政令で定めた基準以下で事業内容の変更をおこなう場合には、再度環境アセスメントを行う必要がない。ということであり「ある基準以上の変更をする場合は再度行わなければならない」と解せます。

「政令で定めた基準」は環境影響評価法施行令第十八条の一部によると、法第三十一条第二項の政令で定める軽微な変更は、再アセス不要「政令で定める軽微な変更」は7種類。これらの項目は、基準以下の変更ならアセスのやり直しは不要であり、この7種類以外の変更は、「第二欄に掲げる事業の諸元の変更以外の変更」となりやり直す必要はない。とあります。

 もし、12両での走行実験の結果、各種対策などのために、トンネルの構造変更が出てきた場合は、方法書によると再アセスは不要ということになります。

 2014年前半、環境アセスメントが終り、2016年後半アセスで問題なしとして着工した。2016年走行実験が終わり、問題点が判明した。

 2017年頃、新たな問題点に対処するために、路線の構造等を変える必要が出てきた。環境への負担は増大することとなったが、再調査は不要と判断された。工事は進められた、ということが考えられ環境アセスメントは効力も環境影響評価法の精神も無くなると考えます。

 質問ですが、12両編成での走行実験の結果、各種対策などのために実施計画の変更が出てきた場合は、公表しますでしょうか、お聞かせ願います。 以上





2013年10月23日水曜日

豊丘村議会議員 吉川明博 活 動 報 告No.10

吉川明博 活動記録をご覧いただきまして、
ありがとうございます。

 議員としての活動は3年目を進行中で、活動記録はNo.10となりました。

任期4年の中間点ですがこれからが性根場です。

 リニア中央新幹線の「中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価準備書」が公表され12ヵ所での説明会が開かれました。

 これに対して各方面から意見者が出されますが、私も11月5日までに提出する予定で準備中です。提出後にこのブログにもアップしますので、ご覧いただければ幸いです。
















9月定例議会後10月21日に総務産建委員会が開催され、豊丘村から、台風18号・26号の災害(被害)について報告がありました。

出典:
10月21日総務産建委員会説明資料

台風18号関連 被害(一部)状況写真








視察動画はここです

台風26号関連

農作物被害 作物はりんご(ふじ90%、陽光、ゴールド、王林)

被害面積 33ha 内 5%~29%の被害が18.9ha、 約30%の被害が14.4ha

減収見込量 137t

被害見込金額 21,796千円 (1t当たり159千円) 長野県全域58000千円の約37.6%

当面の対策: 落下果実の廃棄処分支援



りんごの埋め立て現場動画
以上です

追伸
活動記録No.10は450部作成して、伴野区内を中心に各戸配布させていただきます。


2013年10月5日土曜日

山梨県笛吹市リニア中央新幹線の 工事現場視察 報告

山梨県笛吹市リニア中央新幹線の
工事現場視察 報告

 8月29日にリニア中央新幹線の工事現場、笛吹市の境川、春日居地域を有志の参加者と一緒に工事現場の視察をしてまいりました。

 計画と実施については豊丘村議会議員の皆様のご理解と、豊丘村当局の迅速な笛吹市への対応により、8月19日からの短期間の募集にもかかわらず定員の29人の参加者がありました。問い合わせの方を含めますと40人ほどの方が関心を持っていただきました。

 29日は偶然ですが、リニア中央新幹線の最新車両「L0(エルゼロ)系試験走行の再開日に当たりました。これも偶然ですがリニア試験線の始点であり当日の試験走行の折り返し点を視察するときに、ちょうど試験走行している列車が通り掛かり高台の公園から見ることができました。

 今回は笛吹市の土木課の担当者3人が案内をしてくれました。丁寧で心のこもった説明に心より感謝しております。

 トンネルの発生土は住宅用地にしようと大きな沢を二筋埋め立てましたが、バブル崩壊で背の低い在来種の雑草を植えて荒れ無いように管理していました。

 甲府盆地の南の山すそを幾つかのトンネルで通過していますが、トンネルの上にあった水源はすべて枯れたとのことです。

 トンネルを掘った所から数百メートル離れた所の沢水が突然枯れてしまい、パイプで元の沢に戻しているところも見ました。

 現場視察の最後は高さ約38mのフードを被った高架線路でした。

 「こんなものが家の近くにできて、毎日見ることには耐えられない。」と思った人がいるかもしれません。

 視察の詳細につきまして参加者の寄稿がまとまりましたので報告をいたします。