2016年3月14日月曜日

豊丘村議会議員 吉川明博 2期目No.3活 動 報 告vol.19H27,10月~12月




時々見ていただきまして、ありがとうございます。
今回の活動今報告は「平成27年度豊丘村議会議員視察報告書ベトナム社会主義共和国ホーチミン市への農産物輸出の可能性の調査と開拓」の特集を6ページから、加えてあります。




 この報告書は視察の内容と、成果について記してありますが、そのきっかけ、動機については触れてありません。

 それはきっかけが極個人的であり、偶然の繋がりがあるため、紙面に現さないほうが良いと判断し、触れてきませんでした。

 このことについて、一部の親しい友人に話したところ、「どうして吉川明博がこのことに関係しているのか?」「やっと判った」 「偶然の必然」「そんなところから、事は始まる物だよ」などの言葉をいただき、その経緯をここに記します。
 
 昨年(H27)8月上旬娘から電話ありました「お父さん、誰かリンゴを作っている人で、詳しい話を聞かせいただける方はいないか?」とのことでした。

 娘の勤める伊那市の宅建会社のコンサルタントのAGCのN氏に、研修の合間に問いかけられたとの事。

 閃いたのはY.H. 氏、我が家のリンゴ畑を借りていただいている、下伊那地域でも有名なリンゴ生産者です。

 どのような話になるかは全く分かってはいませんでしたが、Y.H. 氏ならばきっと受けていただけると思い、「お受けするので詳細を聴いてきてくれ。」として電話を切りました。

 8月15日にお盆の帰省をした娘は、N氏の話を概略はしてくれましたが不明な点が多いので、その場でN氏に電話を入れ直接話を伺いました。

 挨拶も早々にして、話をお聞きしました。ベトナム(越)国へ生食のリンゴを輸出したいが、越国視察団を受け入れてくれる農園を探して欲しい、日程は既に決まっており11月22日( H27「長野県りんごの日」)であり、越人5は・6人との事。

 詳細はメールでとなり、最初の会話は数分で終わり、事は始まりましました。

 その後幾度かのやり取りがあり、村長に相談する中、視察は豊丘村長表敬訪問となり公式化しました。



11月22日、越国視察団6人とAGC関係者2人、ジェトロ(日本側)職員1人と通訳・運転手・カメラマン各1人で、計12人がマイクロバスで来村されました。

ジェトロ(日本側)職員1名については事前に聞いていませんでしたが、前ホーチミン事務所長が、現茨城貿易情報センター(ジェトロ茨城)に居り随行したとのことでした。



一行を「特定非営利活動法人だいち」会議室に村長・副村長・産業建設課長・だいち事務局長・長野県下伊那農業改良普及センター員と私がお迎えして、村長が歓迎の意を表し、リンゴの輸出を推進することに支援を約束しました。

私は前記のようなこれまでの経緯をお話して、どこからこのような事が始まったかを理解頂きました。








隣接する農産物加工所で、取れ始めていたサンフジを、皮剥き機で剥いて試食いただきました。



一行は皮剥き機を始めて見てそのスピードと見事さに驚き、サンフジの甘さとジューシーさに興奮していました。


リンゴのコンフォート(シロップ煮)も食べていただきましたが、加工しても美味しいと、言っておられました。


続いてリンゴ農園地を視察していただきましましましましましましました。




リンゴ農園地のリンゴ直売所で、自分で捥ぎ取ったリンゴを齧り「美味しい」を何度も繰り返し、皮を剥いた物もたくさん食べて満足していただきました。

特に視察団筆頭の銀行の副頭取は、これを輸出して欲しい、すぐにでも輸入したいと、取引を申しだされました。

園主さんも新しい販路として、研究したいと受けていましましましました。

私はAGCのN氏に輸出先としてのベトナムを訪問したいがどうかと訊ねましたところ、Attend(出席する、参加する)していただけるとの承諾をいただいた。

一行はリンゴを鱈腹食べて、サンフジを一箱土産にいただき、再会を約束して帰路に着きました。


その後ベトナムの視察について、村長始め議会の希望者を募る中、議会へ議会としての公式視察を提案した。

議長と酒井浩文議員と私が企画をして、副村長と視察していただいた園主から参加をいただき、5人で視察団を作りました。

次のリクエストの手紙は、豊丘村長と議長名で公式な訪問を依頼するもので、アジアComeercial銀行へ提出した物です。



次の訪問依頼状は、豊丘村長と議長名で公式な訪問を依頼するもので、日本貿易機構ホ-チミン事務所へ提出した物です。




このような経過を経て、1月19日から23日までのベトナム国ホーチミン市への公式視察は行われました。


現在は私が2016年のリンゴの輸出を実施するための、TPPに係わるベトナム国と日本国の農林水産省や検疫機関への申請に向けて、ベトナム長野県ぬに向けてのリンゴ園地登録と選果梱包施設登録の準備を、豊丘村・長野県下伊那地方事務所農政部と進めています。

以下、「平成27年度豊丘村議会議員視察報告書ベトナム社会主義共和国ホーチミン市への農産物輸出の可能性の調査と開拓」の特集を6ページから、加えてあります。

ご覧いただきたく、ご案内いたします。












0 件のコメント:

コメントを投稿